嫌な気持ちをどう扱いますか? ー3つの方法ー

本当に、イライラする!
腹が立つ!ムカつく!

 

そんな気持ちになる時、多くの場合

 

相手が悪い、わたしは悪くないと
どちらが正しいのか、勝ち負けゲームを
してしまうことがあります。

 

今日は、先日のオトナの勉強会でお話した
もの3つをお伝えしますね。

 

1.感情は選ぶことができる

 

私たちの行動や考えは、無意識にしていることが
多いことは、よく知られていることです。

 

そして、その無意識の行動には、無意識の感情が
伴います。感情が伴っていると言われても
ピンとこないかもしれませんね。

 

この意識されていない感情が、悩みや人間関係を
悪化させる諸悪の根源だと私は思います。

 

なので、反対に、行動に伴う感情を意識すると
悩みが解決したり、そもそも悩みに事前に
対処できるようになります。

 

イライラしたり、腹がたったりしている時に
感じる嫌な気持ちでいると
あなたはどうなりますか?

 

悲しくなる、寂しい、辛い、余計にイライラする
自分自身も嫌になるなどネガティブな気持ちに
なると思うのです。

 

反対に、気持ちが晴れやかで
ルンルンして、明るい気持ちでいると
あなたはどうなりますか?

 

楽しくなる、嬉しくなる、優しくなる
自分が好きになるなどポジティブに
なります。

 

起きている出来事には意味はありません。
あなたはどちらの気持ちになりたいでしょうか?

 

例えば、
朝から雨がふり、強風の日
嫌だなぁ〜  あ〜あ 憂鬱
ととらえるのか?

 

おっ!恵の雨か。たまには雨も降らなきゃ
濡れないように長靴履いて行こうと
とらえるのか?

 

どちらでとらえても、良いのです。
感情は自分で選ぶことができるのです。

 

そもそも
雨に嫌な雨も、憂鬱な雨も
楽しい雨、嬉しい雨もないのです。

 

人との関係においても同じです。
いつも嫌な気持ちにさせられる人がいるとして、
あたかも、相手の方が原因で自分の気持ちが
ネガティブにさせられていると思いませんか?

 

この場合も、実は自分のとらえかた次第なのです。
起きている事実は確かに事実としてあるだけです。

 

例えば、あなたは、ある友達が嫌いです。
彼女は、人の悪口を大きな声で言い、そのことで
ずっとイライラさせられ、腹立たしく感じています。

 

この場合、友達の悪口を言っている彼女が
ただそこにいるだけなのです。
それは事実として現実に起きています。

 

この事実をどんな気持ちでとらえるのかは
あなた次第なのです。

 

感情は、自分で選べます。

 

嫌な気持ちになった時、一呼吸して
「私はどちらを選ぶ?」と自問自答してみてください。

 

嫌な気持ちの扱い方は、他にもいろいろあります。
ご自身がしっくりくるものを使われると
良いと思います。

 

2. クリアリング

 

次は、
クリアリングは、トップアスリートが使う
メソッドです。

 

1分間、嫌な気持ちを話続けます。
聞いてくれる人がいるなら、ただただ聞いてもらいます。

 

1分以上やるとただのグチになっちゃいますので
気をつけてくださいね。

 

これは、親子でも夫婦でも簡単にできます。
月に1回クリアリングの日を作って
吐き出すといいですね〜

 

我慢をすると、そこにエネルギーを使うと、
本来やるべきことややりたいことに
エネルギーを掛けたくても、分散してしまうの
です。もったいないですね。

 

嫌な気持ちは我慢せず、クリアリング(吐き出す)
していくのも、お勧めです!

 

3. 「私は」をつけてみる

 

では、3つ目をご紹介します。
自分の気持ちに「私は」をつけるワークです。

 

例えば、テレビを大きな音にして、見ている
ご主人に対して、もう、本当にうるさい!と
思っているとします。

 

「私は」をつけて言います。

 

「私はうるさいと感じている」と言ってみます。

 

すると、どうですか?
なんだか、少し客観的に感じられませんか?
少し俯瞰することができます。

 

一歩離れて見ることができると
ご主人が、あなたに嫌なことを引き起こして
いる、そう、ご主人が加害者であなたが被害者
のように思っていたのではないでしょうか?

 

ここでの事実は、ご主人は大きな音でテレビを
観ている。それだけです。

 

そこに ”うるさい” と意味づけしているのは
あなたなのです。

 

あなた自身が、うるさいと感じていることがわかれば
そのことを、伝えるといいと思います。

 

「このボリュームは私にはうるさく感じんだけど」と
いうと、どうでしょう。

 

人によってうるさく感じるボリュームは違いますので
言われたご主人も、これまでと違う対応があるかも
しれませんね。

ぜひ、ご自身にあった使いやすいものを
日常に取り入れてください。どれもダメなら
それも教えて欲しいです。もちろん、違う方法を
お伝えしますよ!

参加者の方から、ご感想をいただきました

「みんないい人やから安心やよ」
自分への質問を学べました。 嫌な気持ちになった時、
行動が出た時は 『どっちの感情を選びたいですか?』
嫌な事があると言うことは 自分の好きをしるチャンス
見方を変えて、感情の表面をみずに 批判する対象をかえる。
気づきがありました。
『私は~』 常に主語にリトルな自分を置いて
本当の気持ちに素直になります。
エビングハウスの忘却曲線を意識して アウトプット、
実践で自分のものに!
別途 うなづきを褒められたのが、 嬉しかったです😊
(山口 太志様)

 

「コミュニケーションが広がります!」
今日のコミュニケーションの勉強会もさらに自分を
見つめる素晴らしい時間になりました。
私は人との関係において、自分の感情はなおざりにして
上手く無難にやり過ごしてきたように思います。
自分の素直な気持ちに向き合えて自分が自分で
いられたら、またそんな自分で他者と自然体で
繋がり合えたら、人と人の繋がりは優しくなり
人生はもっともっと素晴らしいものになると思います。
幸せは自分の心の中に全てあるのですね。
自分の心に質問を投げかける、問いかけることの
大切さを学びました。
毎回小走さんの質問力がすごいな、と思います。
それがどうしてそうなのか、、、自分をみつめる、
自分と向き合うための辛い質問が 自分を解き放ち、
自分を守り、周りの人たちとの関係性も良くなり
ました。さらにさらに心の本質を学ぶことは
本当に大切ですね。毎回楽しみです。ありがとう
ございました。(柴口 仁美様)

 

「自分と向き合う時間だよ〜」
アウトプットは30分以内にしないと記憶から
どんどんなくなってます! 印象的だったのが、
1分間の吐き出すこと!これは大切だと思いました!
後、嫌な感情に対して『私は』をつけることで、
自分がどんな感情を持っているのかを客観的に
みれたことが、凄いと思ったのと、その感情に対して
『だから』『どうすれば』を自分で答えを見つけて
いるのにもビックリしました。
実際に講座の終わった後に実践してみることで、
それに気づきました。自己解決できました。
まずは自分がどんな感情でいることを知ることが
大切で、その感情に対してどう対処するかですね。
(後藤 未緒様)

 

「コミュニケーションって、出来そうだけど
奥が深いから勉強する価値があります」
前回の振り返りをして頂けると、足りてなかった
事に気付けるし、なんとなく分かっていたのが
納得になれて嬉しいです。
葉っぱではなく幹の部分で話し合えるよう努力
してみようと思います。
嫌な事があれば「私は」を付けて言い換えて、
自分の気持ちがどうなるのか、試してみようと思います。
(T.S 様)

 

他にもたくさんいただいています。
参加してくださいました皆様、ありがとうございました。

 

 

今日は、嫌な気持ちの扱い方3つをお伝えしました。
ぜひ、やってみて、感想などいただけると嬉しいです。

 

毎月、オトナの勉強会を無料オンラインで開催中。
ご案内をご希望の方はLIneからお申し込みくださいね。
(その際、オトナの勉強会と合言葉を送信ください。)

友だち追加

関連記事

  1. 繋がる質問読書会

  2. 自分らしいビジネス パスポートクラス 2 ラトビ勉強会

  3. ご縁の法則をしました

  4. ラトビ勉強会 パスポートクラス3 人からほめられたこと

  5. オトナの勉強会

  6. 嬉しい報告 断る勇気

  7. 大切にすることは、相手の思いを優先すること?

  8. ラトビ勉強会 パスポートクラス ー好きなことを見つけるー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。