繋がるしつもん読書会

しつもん読書会とは 1冊の本を「しつもん」を通して読み解く、
まったく新しい読書のしかたです。

このメソッドを使うことで短い時間で、深く本のエッセンスを
吸収することができます。

本を読む前に4つのしつもんに答え、
本を読んだあとに4つのしつもんに答え、
その答えをシェアする読書会です。

本を事前に読まなくても、参加できるので 気軽に参加できるのも特徴です。
2012年には世界各地350ヶ所、2,500名が同時刻にしつもん読書会を
開催するなど 世界規模のイベントが開催されました。

しつもん読書会公認ファシリテーターは500名を超え、
毎週のようにどこかでしつもん読書会が開催されています。

また、 しつもん読書会では、課題図書に対して、
参加者それぞれが1つの魔法の質問をつくります。

その中で最もよかったしつもんをMVQ(最優秀質問)として
表彰することもあります。

しつもん読書会は、マツダミヒロ氏が開発したメソッドですが、
誰でも自由に開催可能です。

また公認ファシリテーターになると、様々な著者より献本のプレゼントや、
読書会の告知集客サポート、著者が参加するしつもん読書会に参加することが可能です。

 

参加すると…

・短時間で本のエッセンスを深く吸収できます。
・もっと読んでみたくなります。
・本の内容が自分自身に落とし込まれます。
・自分にない観点や価値観を得ることができます。
・参加した方々とのご縁も深まります。