創造力や疑問力を育むために・・・

創造力や疑問力を育むために
子ども達に  ”しつもん”  を使っています。


教えずに、”しつもん”を使うと


”考え” 
ます。

 

考えた答えに
どんな答えも正解とするなら

 

創造性が育つ
好奇心が育つ
やる気になる

 

人は無意識に、自問自答しながら生きていて、
1日平均2万回の ”しつもん” を自らに投げかけているのです。

全然気づきませんよね 笑

 

そして、答えの出ない”しつもん”には、
休むことなく、答えを探し続けているのです。

 

寝ていても、脳は探し続けているので、
そもそも答えの出ない”しつもん”を
してしまうと大変ですね…

 

正解を見つけるよりも、
はるかに多くの時間、思考力、創造力を
必要とするのは、想像できると思います。

生命科学の研究者 村上和雄先生は
研究が進むよう、 “問い” を先に見つけるそうです。

 

“安っぽく物事を考えず、早わかりしない。
深く大きく思考する。
そうした人が遠回りしながらも

確かな成果をあげ、ゆっくりいく人が、
一番遠くにいくのです”

 

と言われています。

 


大きな知性の歯車をゆっくり着実に回す人に
なりたいと思います。

 

村上和雄先生のご冥福をお祈りいたします。

関連記事

  1. 子ども達の素直な質問は大人を超える 子どもインタビュア

  2. おかんがサボれ子どもが笑う トークライブ

  3. 質問と”しつもん”

  4. たった3回で、対人関係の能力があがった ←中学3年生

  5. おかんがサボれ子どもが笑う トークライブ

  6. 大人顔負け 子どもの気づきの深さ!

  7. 子どものマーケティング力 

  8. トークライブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。