極暑のレモネードスタンド やり切りました

一番暑くなる時間からスタートのこの日。
子どもミライひみつ作戦会議(子ども会議)で、
レモネードスタンド を出店することを決定。

8月6日はならまちマルシェさんに参加しました。

(私は、二日ほど、疲れが取れず、暑さが
厳しかったことを改めて感じています。)

今回の出店にあたり、事前の子ども会議は
ありませんでした。
そのあたりの様子はこちらです。

「前回の改善点を活かす」

私の心配も事前に解決して、
本番を迎えましたが
暑いとなかなか、設営も
できないのですが、始まるまでに
各ブースに回り、照れ臭いものの
ご挨拶する子ども達の姿は
とても素敵でした。

毎回、前回の改善点を活かしてのぞむのは
オトナ も真似をしたいところです。

前回、お客様から「炭酸が抜けてる、
蓋の閉め方が緩いんちゃう?」と
言われました。

今回は、男の子がきっちり、しっかりと
毎回蓋を閉め、開けるを担当。

私が言わなくても、
一度言われたこと、特にお客様から
言われたことは、きちんと覚えて
いて、素晴らしい適応力だと感心
しました。

今回も、賛同してご寄付をくださった方が
多くいらして、本当にありがたいです。

新たな課題

19時ギリギリまで、売っていましたが、
最後のお一人の時に、自販機でお水を
購入しているのです。2リットルのお水は
まだ残っているのですが・・・

そのわけを尋ねてみると、大きいのを
開封すると残りが使えないから、もったい
なくて、小さいサイズを購入したようです。

なるほど〜 と感心しましたが、
あとで2リットルの単価を見ると53円。
自販機の水は130円。

もったいないとは・・・
お水なのか?
お金なのか

まだ、子ども達は気づいていないので
次回の子ども会議で課題として出して
みようと思います。

今回、経費を差し引きして約7000円の
寄付が集まりました。

ならまち界隈は「燈花会」の幻想的な
風景で観光客が復活しつつあります。

古都奈良と鹿と子ども達の掛け声が
夏の風物詩になるといいなぁ〜なんて
思いました。

レモネードの暑い夏が終わりました。
ご協力いただきました、皆さま
ならまちマルシェ さま
氷を無料提供してくださった
cafe いにしえ さま
ありがとうございました。

あっ! 子ども達はもちろん
お礼のご挨拶も行っておりました。

今日のしつもん
「子どもを信じるために
どうかかわりますか?」

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。




関連記事

  1. 暑さの厳しい中、レモネードスタンドやり切りましたました!

  2. 感謝状をいただきました

  3. 子ども達の募金活動 レモネードスタンド

  4. 選択としあわせの関係

  5. 2030年社会に出る子どもより、先に大人が変わる

  6. 子ども会議 レモネードスタンド 2-11

  7. レモネードスタンド が延期 子ども達は…

  8. 子どもインタビューア 子ども会議 2021.1.7

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。