みんな違う みんないい

100人分のレモネード には足りないのに・・・

明日、レモネードスタンド を出店します。
が、前回の材料が少し残っていますが、全然足りない・・・

いつもなら、事前に”子どもミライひみつ作戦会議”で、補充数を
決めるのですが、今回はなし。

あれ〜〜〜 どうするんだろう・・・

正直、ヤキモキしていました。

口を出すのは、ラク
だけど、子どもが気づき考えることを
大切にしたい!

なので、グッと忍耐。

そうすると、子ども達から連絡あり!!!!!

「買い出し行きたいねんけど」って。

買い出しの道中、話を聞くと
補充せず

”なんとかなる派”と

補充して

”備あれば憂いなし派”

と分かれたんですって〜〜〜〜〜

面白い、子どもの発想!

2つの気づき

今回のことで
二つの素敵なことを発見

①考え方が違ったこと

一人ひとり、違う

自分の考えと違う人がいるから
補うことができる

「みんな違って、みんないい」

②自らかんがえ、行動したこと

見て見ぬふりせず

このままでは、あかん
と「買い出し連れてって」
連絡してきたこと

*…*…*…*…*… *…*…*…*…*… *…*…*…*…*…

一人ひとり、違う考え方があります。

自分で気づかないところを
誰かが気がつく

お互いに苦手を補えるチームは最強です。

買い出し後、子ども達のLINEグループでは
自主的に、持ち物の一覧表が回っていました。

今日のしつもん
「仲間との違いはなんですか?」

明日、晴れますように♡

関連記事

  1. 子ども達に必要な力は・・・

  2. 理想の自分になる365日の質問 club house 3月5日

  3. 褒める時の心得

  4. 子どもが持っているすごい能力を「魔法の質問」で育む機会を創りたい!

  5. 結局、非認知能力を伸ばすとうまくいく

  6. おかんがサボれ子どもが笑う トークライブ

  7. 質問と”しつもん”

  8. 理想の自分になる365日の質問 club house 1月24日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。