子どもの非認知能力 子ども達バンザイ!

【親以外の大人と触れることで、
非認知能力や生き抜く力は育まれる】

 

社長 VS   子ども こんな機会を作っています。

 

活躍中の社長に子どもが直接インタビユーする機会は
数少ないと思います。

 

経験豊富で素晴らしい能力の社長も、子どもも
人としての価値は何も変わらない。

 

一人の人として、臆することなく知りたいことを
聞ける人になってほしい、そんな気持ちで始めました。

 

インタビュー当日までの様子はこちらから。

 

昨日、インタビューをしましたが、
その様子はこちらからご覧くださいね。
(かしばオンライン縁側に登録が必要になります)

この日、スタートが少し遅れたため、聞きたい質問が
なかなか進まない状況でした。

 

子ども達も同じように思っていたのか、
「もうすぐ終わりの時間」と発言しました。

結局プラス20分延長になりました。

 

そうなると、今度は質問が足りない・・・

 

チャットに届いている質問を投げかけ、
ことなきを得ました。

 

参加者の方から、”ちゃんと時間を気にできて偉いね”と
メッセージをいただいて、彼女にすれば当たり前のことに
褒めてもらえて、きっと嬉しかったと思います。

 

自分のことを知らない大人からもらう言葉は
肯定感をあげる。

 

参加されている方の温かさに、気持ちよく進める
ことができました。

 

こういう経験こそ、子どもの自信につながります!

 

親以外の大人と触れる機会が、子どもをより強くする
多様な人と触れることで、生き抜く力が育む

と私は思います。

終了後、
「子どもが社長にインタビューしている姿を
配信することは、社会にどんな影響を与えるかな?」と
質問しました。

 

「社長に知らないことを聞くことが普通は無理って思うけど、
できないと思っていることもやればできると思うかも」と
話してくれました。

 

子どもがやっていることが、社会へどう影響するのか?

 

本人ももしかすると大人の私たちも
子どもも社会を作る一員として、子どもが持つ
非認知能力を引き出す質問が大切だと感じました。

 

今日の質問
「子どもの非認知能力を引き出す質問は、何ですか?』

 

ご登壇いただきました
アスカ美装株式会社 代表取締役 森脇大統様
ありがとうございました。
本日、かしばオンライン縁側にご参加くださいました
皆さま、ありがとうございました。

 


 

子どもの非認知能力を引き出す場を提供!

・子どもが創るレモネードスタンド
・子ども講師
・子どもインタビュア

 

参加者、募集中!
ご興味ありましたら、お問い合わせくださいね。

 


奈良県香芝市でワークショップを開催します

◆1月30日10時〜12時◆

ふたかみ文化センター2階 無料
小学生以上のお子様と大人 10組

香芝市民図書館主催
「好奇心を育む親子のコミュニケーション」

お申し込みは図書館カウンター・電話
0745−77−1600

 

関連記事

  1. 理想の自分になる365日の質問 club house 1月18日

  2. ご飯を作るより大切なこと

  3. あなたはあなたのままで、素晴らしい <子育ての心持ち>

  4. 子どもが持っているすごい能力を「魔法の質問」で育む機会を創りたい!

  5. 理想の自分になる365日の質問 club house 1月11日

  6. 自分を騙し騙しやってきたこと

  7. 理想の自分になる365日の質問 club house 1/1

  8. 理想の自分になる365日の質問 club house 1月12日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。