大人顔負け 子どもの気づきの深さ!

私の町にはオンライン縁側(こうみんかん)という月に1回、オンラインで市民がつながる
場があります。

好評の町の社長さんシリーズ 「社長さんに聞いてみた」というコーナーがあります。
子ども達がインタビューしているのですが、子どもならではの視点なので、社長もタジタジだったり
サービス精神旺盛に、企業秘密も教えてくれるのです。(マーケティングやビジネスの真髄が学べます)

 

質問は子ども達が考えます。大人が思いつかない質問もあり、遠慮がないのである意味本質を
ついてきます。

 

市長が来られた時、ここでは話せないとおっしゃった質問もありました。笑

 

子どもの素直な感性を大切にしたいので、インタビュー現場では、私は介入しません。
電波状態の悪い子もいるので、話がスムーズではない時もあります。

 

子ども達はそのことを理解しているので、しばらく待って、「大丈夫? いける?」と
声をかけているのです。本当に温かい心を持っています。

 

子どもの時に、現役の社長と話す機会はそうそうないと思います。
社長も子ども達に何か持って帰って欲しいというお気持ちで結構、他所では離さない
内容を惜しみなく話してくださいます。

 

今回もそうでした。株式会社杉田工務店 杉田治郎 代表取締役が登壇されました。
自然と人に優しい家づくり。使う木にこだわり、徹底的に施主様と話をしながら建てていかれます。

 

建ててよかった、この家でよかったと「住みたい家を作る」お客様第一主義の会社です。

 


(*この日は、子ども達は画面オフでインタビューさせていただきました)

子ども達の感想など

◆「やってみてよかったことは何?」

今回は、たくさん喋ってくれる社長だったから質問が残ってしまった。

途中で長喋ることがわかれば、作った質問の順番を変えて聞きたいことを
先にした方がいい。

◆「印象に残ったことは何?」という質問に

Mちゃん 「作ることに真剣に頑張ってくれている、倒れない家 命を考えているのがすごい!」

Kちゃん 「家を作ることに協力してくれる、お客さん第一に考えている、他の会社はお金が一番だからすごい。」

Tちゃん 「人のことをしっかり考え、とても素敵」

Kちゃん 「社長だけでなく会社で働く人もお金じゃなくお客さんの声に従えるのがすごい!
一人でもお金儲けを考えたら会社はお金儲けになるけどそうじゃないからすごい!」

 

お互いによかったことを伝えあう恒例のホメホメタイムでは、

・フォローありがとう
・笑ってくれてありがとう
・電波悪い時、大丈夫?って声かけてくれてありがとう
・ダンスで遅れて子ども会議に参加してもに追いつこうとしてくれるしアイデアくれるから早く決まる

大人の振り返りの時間と同等のお話をする子ども達に今回も敬服いたしました。
ビジネスの本質、お客様第一だと気づいた子ども達。そして社員の方のことまで
想像できるなんて、素晴らしいと思います。

 

子どもの本来の能力を育てるキッズメンタルスクール、2021年開講予定

 

ご感想やご意見を頂けると嬉しいです。

 

関連記事

  1. ご褒美でピアノが上手くなる? ピアノ教室の先生からの質問 

  2. 子ども達の募金活動 レモネードスタンド

  3. 子ども達の素直な質問は大人を超える 子どもインタビュア

  4. お稽古ごとを辞めると、大人になって困るのか?

  5. 子どもが大人になった時、必要な力は・・・

  6. 子どもが持っているすごい能力を「魔法の質問」で育む機会を創りたい!

  7. 子ども達に必要な力は・・・

  8. おかんがサボれ子どもが笑う トークライブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。