子育ての「正解」「不正解」はあるの?

結論から先に
あなたの子育てに正解、不正解は、ありません。

 

あなたが選んだ行動が、その時のベストです。

 

子育て、褒めたらいいのか? 叱った方がいいのか?
迷いますね。人を育てるのですから、迷うのは自然な事です。

 

子どもが生まれた時は、親業実質は0日なんですから。
もちろん、お腹にいた時から始まっていますが、
分離してからは、この日から始まります。

 

子どもの成長と共に親が成長させてもらっているのです。
子育ての正解、不正解は気になりますが、子どものために
あなたは、瞬間瞬間にベストな判断をされています。

 

家事やお仕事、介護までされているなら
何役もこなしながらの、判断です。

 

子育てに、正解 も 不正解 も ない!

 

どんな選択も今それが、必要なのです。

 

子育ては、トライ&エラーの繰り返し!

 

もし、違和感を感じるのなら、日々の子どもの様子を
見ながら、修正していくといいですね。

 

*気になることがありましたら、遠慮なく
お問い合わせくださいね。 

 

子ども時代の親のかかわりや経験が子どもの人生に
大きく影響するのは確かです。

 

子どもは、親に愛されるために、自分なりに
自分のルールを作りながら成長しています。

 

親ができることは、

 

人を木に例えたとき、根っこを太くしっかりと
育てることです。

 

根っこは ”存在” です。

 

自分自身の存在そのもの
ありのままの自分でいいと思う力です。

 

子どもが、自分自身の存在を認め、
ありのままの自分をよしとできるために・・・

基本はこの2つです。

 

①安心安全な場
②信頼する

これは、カウンセリングなどの現場や
私の生育歴からの観点です。

①安心安全な場を作ること

 

これは、物質的なこと精神的なこと両方です。

 

安心安全に眠る場所があっても
心が休まることができないと、
安心安全な場には
なりません。

 

子どもにとってどんな自分も、否定されないこと
気持ちを共感してもらえることほど、安心できる
ことはないのです。

 

②信頼すること

子どもを ”信頼”   している自分を信頼することです。

 

子どもを信頼するというと、どうしても子どもの行動に
目がいき、思い通りにならなくなり、先回りしたり、
指示したくなります。

 

信頼している自分を信じることは、自分との約束です。

 

向けている矢印を子どもではなく、自分に向け
自分に問うてみてくださいね。

 

 

今日の質問
「子どもの存在価値を高めるために
 あなたの子育ての基本はなんですか?」

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ただいま、30分 オンライン無料相談
受付再開しました。こちらからお問い合わせくださいね。

 

お知らせ

◆①15日9時〜10時45分 しつもん読書会
オンライン ピンと来た本で読書会
初回:無料 2回目以降:2200円
(経費差し引き後、海外へ絵本を送る支援へ送金)

◆②15日20時半〜21時30分 オトナの勉強会
(オンラインにて 無料)
安心安全な場で、普段言えないことや聞けないことを
スッキリ!
参加者からの悩みや解決しいたいことが
その日のテーマです。
(カウンセラーとしての観点や簡単なワークなど)

◆③22日10時〜 新月の日 「叶える力を磨く」ワーク
穴口恵子さんの「叶える力」をお持ちの方はご持参
ください。
料金:3300円(はんなり会員 特別価格)

◆④1月30日10時〜12時
ふたかみ文化センター2階 無料
「好奇心を育む 親子のコミュニケーション」
小学生以上のお子様と大人 10組
香芝市民図書館主催
お申し込みは図書館カウンター・電話
0745−77−1600

 

その他お申し込みは↓

お申し込みはこちらのお問い合わせにお願いします。

・ご希望の番号
・氏名
・参加人数
・はんなり会員の方ははんなり会員とお書きください。
・その他

 

 

 

 

関連記事

  1. ラトビ勉強会 パスポートクラス 理想の未来を描く

  2. 理想の自分になる365日の質問 club house 1月14日

  3. おかんがサボれ子どもが笑う トークライブ

  4. もう無理!挫折しそうになった時の対処法

  5. ラトビ勉強会 パスポートクラス なんでも叶うとすれば何を叶えたい?

  6. 理想の自分になる365日の質問 club house 1月4日

  7. 寄付を集めるために、子ども達が考えた作戦は?

  8. 負のスパイラルからの脱出(ネガティブ思考さようなら!)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。