心のうんこ 夏休み親子企画

新型コロナウイルス以前と変わったことは何?

 

・洋服を着るようにマスクをつける
・密にならないようソーシャルディスタンス
・お喋りしながら食事をしない
・消毒、消毒が一般的
・熱を測る
・オンライン
・おうち時間
・不要不急の外出を控える など

 

実に様々な変化に対応してきました。
よくやってますよね、私たち。

 

人は変化を好まない動物なのですが、今回は変わるしかない!
見事に子どもも、一緒に乗り越えてきました。

 

以前と習慣が変わると、気づかないうちにストレスをかかえてしまう
ことがあります。特に子どものストレスは気づきにくいのです。

 

昨年に引き続き、好評の親子企画”心のうんこ”を今年も開催します。

 

参加された方の感想です

・心のうんこの出し方! ひとりで簡単に出来るのがいいです。 今までほんとに溜め込んできたなぁと改めて思いました。(K様)

・こどもたちの前に自分の事をメンテナンスして、子どもたちのありのままを受け入れるスペースを作ることが大切だなと思いました
親が思ってた以上に子どもはストレスがあり発散してもいい時を作る、今、どんな気持ちなのか自分の気持ちを知り、
それを伝えるトレーニングをしていってあげたいと思いました 自分の気持ちより親が何を望んでいるか、子どもたちは
親のことをよく見ています。 親に気に入られようと必死です。 そのままの自分を好きだと言ってもらえると自分に自信がつき、
自己肯定感もあがり、チャレンジ精神や人に優しくなれますね。(H様)

・自分のなかにある「怖い」という感情を体で表現したのは初めて。 体で表すことで、心がどういう状態であるのかに
気づくことができた。(T様)

・自分だけではなく子供も心のうんこ溜まっていることを知りました。 心のうんこ定期的に出さないとですね。(M様)

・嫌な気持ちを出すことは、大人同士、子供の友達同士ですることだと思ってた。親子で一緒に発散すること、
特に親が子供に嫌な気持ちがあるこ嫌な気持ちを出すことは、大人同士、子供の友達同士ですることだと思ってた。
親子で一緒に発散すること、特に親が子供に気持ちを伝えるのは初めて聞いた方法で、ある意味衝撃だった(S様)

・親子共々嫌な気持ちを出すのが苦手だと感じたので、気持ちをさらけ出せる時間を作ろうと思いました。(I様)

 

お申し込みはこちらです。

日時:8月7日(土)20時半〜オンライン 無料
「心のうんち」

関連記事

  1. あなたはあなたのままで、素晴らしい <子育ての心持ち>

  2. どの子も生まれながらに持っている生きる力を育てたい!

  3. 創造性が自由な子ども達

  4. 人が生きるために、一番大切なこと

  5. 子どものマーケティング力 

  6. 創造性を育む”といふだカード”キッズインストラクター養成講座

  7. 人との関係をよくする しつもんの質をあげる ー問塾ー

  8. おかんがサボれ子どもが笑う トークライブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。