カミングアウトされた小学生 神対応

「不登校なので」

子どもだけの子ども未来秘密作戦会議での、会話です。

未来秘密作戦会議は、レモネードスタンド を通して小児がんの研究費を寄付する活動を子ども達だけで考え、選び、行動することを目的としています。

これまでの活動の写真を動画にしようと思い、子ども達に呼びかけてみました。
みんな主体的に、手を上げてくれて、即作成してくれるのです!あまりの速さに驚きました。

とても手際が良くって、コメントになんて入れますか?見てください。いろんなメッセージが
飛び交ってました。まずそれだけで、私は、本当に素晴らしいと思います!

皆んなやりたい!やりたい!となって、一人の子が、すでに担当が決まっていたのですが、さらに手を上げました。そこでのやりとりに、カミングアウトがありました。(子どもの許可をもらっています)

「不登校なので」

「全然恥ずかしいことじゃないと思うよ」

「私は不登校は全く恥じるべきことではないと思いますよ。」

子ども達がお互いを認め合う姿に、心を打たれました。そのほかの子からも温かいメッセージが入っていました。

子どもの世界は優しく尊重しあってます。大人が介入しなくても、こうした子ども同士、相手を思いやりや、認めることができるのです。

「不登校は悪いことじゃない!」それぞれの立場に敬意を持てる子ども達が、とても素敵で誇らしくなりました。子どもだけの居場所年齢や性別を超えて安心して話せる場子ども未来秘密作戦会議です。

今日の質問

「違いをどう、うけとめますか?」

子ども未来秘密作戦会議では、年齢に関係なくどなたでも、参加していただけます。
ご希望の方は、レモネードスタンドの公式LINEにて、”子ども会議”とメッセージをお願いいたします。

友だち追加

近日中に、子どもが欲しい公園を作ろうプロジェクトが始まります!こちらのご案内が必要な方は、現在準備段階ですので、レモネードスタンド の公式LINEにて、”子ども公園”とメッセージをお願いいたします。

友だち追加

今日も最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事

  1. 子ども会議 レモネードスタンド

  2. 社長の心をわしづかみした子ども

  3. 真面目なママがやっている超重大なこと

  4. ”子ども”という言葉、いらない!

  5. 子育ての「正解」「不正解」はあるの?

  6. 完璧を求めると、子どもは否定されたと感じる

  7. 好奇心を育む 親子のコミュニケーション講座

  8. 事実 と意見を分ける

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。