事実 と意見を分ける

大人に対してのお話ではありません。
小学生の頃から、イギリスでは、会話の中の”事実”と”意見”を分けることを学びます。

私、大人向けの講座でそのことを伝えていますが、子どもの頃から身につけている国があるのには驚きました。

お友達からショックなことを言われた時

例えば、お友達に「あなたは意地悪だ!」と言われたとします。
傷つきますよね。そのことをずっと考えて落ち込んでしまうかもしれません。

こういう時に、”事実”と”意見”に分けてみます。
あなたは意地悪だというのは、お友達の”意見”です。

では、事実はなんでしょう???

あなたは、意地悪なんかではないはず。ここには事実はありません。
そう、お友達の意見、お友達がそう思っただけのことなのです。

こうして、事実と意見を分けると、傷つくことが少なくなります
単なる意見や感想を、事実だとうけとめると、しんどくなりますので、子どもの頃からこのテクニックを身につけるととても生きやすくなるのではないでしょうか。

自分の意見を伝えるときは

反対に自分の意見を伝える時にも、自分の意見を伝えるためには、事実を3つ調べるそうです。
3つの事実があって、自分はこう思う、こういう風に体系立てて話すとわかりやすいですし、事実と意見が整理されて、自分の軸がしっかりと根づきますね。

この習慣も私も取り入れたいと思います。苦手な人との会話には、有効的ですね。

今日の質問
「そこに、どんな事実があるのだろう?」
あなたのお答えを教えていただけると嬉しいです。

イギリスのあみさん とのお話はClubhouseにアーカイブを残しています。ご興味がありましたら、
お聞きくださいね。自己選択や自己肯定感の大切さをお話していただきました。

ご案内

◆5月17日(火)14時~15時 
ママのお茶会 オンライン無料
お申し込みはこちらです。

◆5月21日(土)20時半~21時45分頃 
オトナの勉強会 オンライン無料
お申し込みはこちらです。

◆5月24日(火)9時~10時30分頃 
ラトビ勉強会 パスポートクラス 7つの法則を実践してみる 
料金:3850円

詳細はこちらです

◆5月25日(水)9時~10時30分頃 
ラトビ勉強会 エコノミークラス ゴリヤクの法則を明確にする? 
料金:3850円 

詳細はこちらです

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

  1. 寄付を集めるために、子ども達が考えた作戦は?

  2. 子ども達の募金活動 レモネードスタンド

  3. みんな違う みんないい

  4. 理想の自分になる365日の質問 club house 2月7日

  5. 理想の自分になる365日の質問 club house 1月12日

  6. 子どもが力を発揮するには・・・

  7. 子どもの頃、夢中になって遊んだものはなんですか?

  8. 理想の自分になる365日の質問 club house 3月15日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。