他人へのイライラは、自分を禁止させているルールから

他人の言葉や態度にいつもイライラしてしまう

 

いつもイライラさせる相手をなんとかしたい。

 

なんであの人は、迷惑をかけても謝らないだろう?

 

あの人さえいなければ・・・
なんて、心の声がささやいたりしませんか?

 

これ、実は、誰でも持っている思い込みからくる
自然なルールなのです。

 

他人に対してイライラしてしまうことは
自分自身が持っている自分を禁止させる
ルールなのです。

 

禁止させるルールを禁止令と言います。

 

なぜ禁止してしまうかというと
人に迷惑をかけることはいけない
自分が思い込んでいるからです。

 

「〜してはいけない」と

 

自分の行動を禁止しさらに

 

「〜すべき」「〜あるべき」と自分に
強く命じているのです

 

迷惑をかけた相手が、謝らなかった時

 

・人に迷惑をかけてはいけない → 禁止
・迷惑をかけたら謝るべき →  命じる

 

もしも、これを破ったら、怖いことが起きる
破った私は最低人間!

 

人に絶対迷惑をかけたらいけないし、
迷惑をかけたら、謝ることは、人として当然だと
自分に呪いのようなルールを作ります。

 

イライラした時は、このルールの存在を
教えてくれるサインです。

 

ルールの背景になる、寂しさや悲しみが
今の自分にはもういらないことを教えてくれて
いるのです。

 

どんな、嫌なルールも、自分を守るために
できたもの。それがなければ、今のあなたは
今の状態ではなかったはずです。

 

自分を守り続けた、禁止令というルールを
慈しみ、労いの言葉をかけて

 

「今の私にはもう必要ないよ。今まで守ってくれて
ありがとう。 バイバイ」とお別れするといいですね。

 

今日も最後まで
お読みいただきありがとうございました。

 

ご感想などいただけると嬉しいです。

関連記事

  1. ゲーム問題 どうされてますか?

  2. 2022年 なりたい自分を創り主人公になる。

  3. ネガティブな気持ちに気づいた時にやるといいこと

  4. 風の時代を生きぬく これからの子育て

  5. 人生を楽しく生きるコツ

  6. うまくいく人、いかない人の違い

  7. うまくいかないことがあるから、人生が素敵になっていく 続き (自己受容…

  8. ゆるむ 至福の時間

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。