子どもが大人になった時に必要な力は??

VUCAの時代
風の時代と言われる今

 

子ども達が10年後、どんな力が
必要なのでしょうか?

 

正解のない時代を生き抜くために
私たちもそうですが、子育てにも
少し気をつけることがあると
私は思っています。

 

 

じゃあ、何をすればいいのか?
不安になる方もおられるかも知れませんが、
何か新しいことを増やすことではなく、

 

 

誰もが生まれながらに
持っている見えない力(非認知能力)を
引き出すだけでいいのです。

 

 

 

 

 

 

 

親の私たちは、子どもが大人になっても
困らないようにたくさんの学びや教育、
しつけをしてきました。

 

でも、それは、これまでの正解がある時代に
必要だった力なのです。

 

時代の変化は、緩やかです。
気づかないうちに変わっていき
ふとしたときに、ついていけていない
自分に気づきます。

 

今回の流れもまさしく、それと同じです。

 

できれば、子どもが中学生までに、
その子の隠れた力を引き出しておきたいと思います。

 

これは、学校教育だけでなく、
家庭でもできることなのです。

 

私は、ゲームばかりで宿題をしない我が子に


「なんで、言うこと聞かないの!」

「何回言ったらわかるの!」

「ごめんなさい は?」

 

長男に対して、そんな言葉ばかり言ってました。

 

いつの間にか、私の怒りの言葉に
慣れてしまった彼は、怒られても無抵抗に
なってしまったのです。

 

ハッとしました。

 

彼を追い詰めてしまったことに気づき

 

「ごめん!」 と言ったのですが、

 

泣くこともせず、うなずくだけの様子に
自分のやってしまったことの重大性を
さらに感じました。

 

これは、私の大失敗です。

 

謝ったものの、どうすればよかったのか
当時の私には、わかりませんでした。

 

私は彼のことを思って言っていたのに
事態は改善するどころか
悪化するばかりで…

 

正しいことをしていたはずなのに
何が彼を追い詰めることになったのか?

 

それが解ったのは、「魔法の質問」に
出会った時でした。

 

私の質問の多くが「なんで?」から
始まっていました。

 

「なんで?」は言い訳をうむ質問。

 

人によっては、人格否定されたと思うほど
傷つく質問だったのです。

 

なんでの代わりに使うと良いのが、

 

「どうすれば」という質問だったのです。

何気なく使っている言葉や質問ですが、
私のように、反抗や抵抗することも
奪うことがあるのです。

 

子どもは誰でも、すでに素晴らしい能力を
持っています。身体が小さいこと、経験が
少ないだけで、大人と何も変わりません。

 

子どもだけでなく、部下や仲間の
やる気を引き出せる質問を
していきたいものです。


相手のやる気を引き出す質問や
なりたい自分を見つける質問が
体系的に学べ、ご自身でワークショップを
開催できる資格付きの養成講座を開催します。

 

ご興味ありましたら、コメントくださいね。

リクエスト開催も受付中(オンラインも可)

 

関連記事

  1. 叶える力を磨く 好評追加開催

  2. これからの時代に必要なこと…

  3. 癒しからすごい自分に気づくセラピー

  4. ラトビ勉強会 誰かを応援してみる エコノミークラス8

  5. 初級、中級CANVAを使う方向け勉強会

  6. 私って、実はすごい!! じぶんの凄さに気づいてますか?

  7. Love Card活用講座

  8. 注目のウェルビーイング 真の幸せとは・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。