子ども会議 レモネードスタンド 2-11

レモネードスタンド の子ども達だけの
子ども会議がスタート!

 

オトナは介入せず、子どもだけの
安心安全な場です。

子ども達の能力すごいです!

 

話をしている内容も言葉も
オトナと同じなんです。

 

出てきた言葉を拾ってみました。

 

今日は、前回お休みの仲間に
決まった事を説明。

 

その後、さらに内容を決めようという
今日の会議です。

 

個人で撮影するのは難しいので、
zoomを使い、インタビュー形式に
すると決定したようです。

 

そして、流れは

 

「オープンニング」

 

「オープニングって何?」

 

「こんにちはって挨拶するねん」

 

「ほんで次は?」

 

「・レモネードスタンドの説明
・YouTubeを始めた理由
・子ども会議とは を説明していくでいい?」

 

「自己紹介は
・名前
・得意なこと
・意気込み
・これからとこれからどうしていきたいか
・レモネードスタンドにどうにどうして入ったか

そして、エンディングでいいんちゃう?」

 

「じゃあ、それぞれの内容、喋ってみよか」

 

「レモネードスタンド って何?」

 

「それはなぁ・・・・・」

 

「じゃあ、なぜYouTubeを始めたん?」

 

「コロナ渦のご時世、レモネード 売っても
誰も買わんやん」

 

「募金活動すら今は難しい」

 

「zoomのアプリで子ども会議をして
YouTubeでやろうと決まった」

 

「zoomのアプリっておかしくない?」

 

「zoomでいいやん」

 

「zoomでわかる??」

 

「子どもがやってるYouTubeやから
大目に見てくれるんちゃう?」

 

「子ども会議ってそもそも何?
みんなどう思う?」

 

「レモネードを実現する場所」

 

「子どもだけでいろんな事を決めるところ」

 

「自分たちで何かをやる時、一発で
できないので、成功へ向けての道。
 人と人のコミュニケーションの場。
 自分の意見を伝えられる場所。

 

オトナがいたら、言われへん。
子どもだけやから積極的に言える場所」

 


「人を守る場所」

 

「今の、2、3年って言葉豊富やな」

 

「感情だけで話せるからかわいいわ」

 

「じゃあみんなのまとめて、文章にしよ」

 

「一つにまとめなくても、
一人一つ言えばいいんちゃう」

 

サクサクと進んでいき

 

年下のメンバーにわかるように
決まった事を復唱したり、
ついてこれてる?と
声かけをしながら進めていました。

 

年下の子は、必死で書きとり、
一生懸命ついていってます。

 

1時間経過したところで、
「今日はこれでやめよ〜〜と。

 

無理せんと確実に進めていこう」

 

「オープニングは
印象に残るために必要」

 

「キーワードを考えてこよう」

 

「オープンニングの目的は
何が始まったかわからないから
必要やん」

 

「このチャンネルだからこそ
視聴者も楽しめるものにしよ」

 

などなど、今日も濃いお話を
していました〜

 

せっかくの子ども達だけの時間なので
この世の中には、

 

”学校の通知表”と”人生の通知表”がある事を
お話しました。

 

どんな人としていきたいのか?
そのために、今どう生きるのか?

 

明確な答えのある子も
まだわからない子もいて

 

みんなありのまま、素直で
素敵なメンバーです。

 

次回の子ども会議は
2月18日(金)20時からオンラインです。

 

ご興味のある方、一緒に活動をしたい方
大募集中!

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

子ども達だけの場作りに協力してくださる
親御様、いつも本当にありがとうございます。

関連記事

  1. 子どものやる気を引き出すコツ

  2. 理想の自分になる365日の質問 club house 3月6日

  3. 卒業の時、お祝いのレイが4回も頭まで埋まった少女

  4. 子どもインタビューア 子ども会議 2021.1.7

  5. ドキドキ親子で不思議・夢中・サイエンス講座

  6. 理想の自分になる365日の質問 club house 4月9日

  7. 理想の自分になる365日の質問 club house 2月25日

  8. 理想の自分になる365日の質問 club house 2月15日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。