卒業の時、お祝いのレイが4回も頭まで埋まった少女

「私には、誰よりもたくさんのおじいちゃん、
おばあちゃん、お兄ちゃん、お姉ちゃんがいたね」

 

あるものに気づいた少女のお話です。

 

HAWAIIは、家族を大切にしていて、参観日に
祖父母が参加するのは日常の光景。

 

だから、卒業式には、卒業生が家族にいると、
卒業式には、レイをその子にかけてお祝いするそうです。

 

TAKAKOさんの娘さんは、普段からお友達がおじいちゃんや
おばあちゃんと仲良くしていることが羨ましくて、羨ましくて
仕方なかったようです。

 

寂しい、私は、ひとりぼっち…

 

そんな彼女が、ある時冒頭の言葉
「私には、誰よりもたくさんのおじいちゃん、
おばあちゃん、お兄ちゃん、お姉ちゃんがいたね」と
言ってきたんですって。それからは、娘さんの様子が
すっかり変わったそうです。

 

彼女のお父様のお寺には、たくさんの崇拝者様や
スタッフのかたがおられます。そこ方々から多くの
愛をもらっていたことに気付いたのですね。

 

卒業式では、彼女の周りにはレイを持った人が駆けつけ
頭で埋まるくらいのレイを4回も外さないとレイを受け取れませんでした。
共にお祝いしてくれる人の様子を聞くだけで、私も胸が熱くなりました。

 

ないと思うと、ないものばかりを集めてしまいます。
世の中は、必ず二つの世界があります。

 

ないものを見るのか、あるものを見るのかは、自分で選択できます。

私たちは、当たり前にあることを、気付きにくいですが、そこに気づくことが
できると、平凡な日常こそ感謝することばかりで成り立っていることに
驚くかもしれません。

 

ないものを見て、寂しく生きるのもありだけど
できれば、あるものに気づき、生きていけると日常が楽しく
happyになると私は思うのです。

 

HAWAII在住のお寺の奥様TAKAKOさんのお話からでした。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

7月10日20時半〜
オンライン大人の勉強会(無料)

 

 

関連記事

  1. 繫るしつもん読書会 オンライン

  2. 褒める時の心得

  3. トークライブ

  4. ネガティブな気持ちに気づいた時にやるといいこと

  5. 質問と”しつもん”

  6. 子ども達の募金活動 レモネードスタンド

  7. 人との関係をよくする しつもんの質をあげる ー問塾ー

  8. 風の時代を生きぬく これからの子育て

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。